スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・ビフォー・クリスマス

真っ白な画用紙をメインに緑や赤の画用紙と組み合わせて
クリスマスの風景を描いた飛び出す絵本です。

繊細な切り絵とそれが何層にもなって飛び出してくる
ダイナミックさは立派な芸術作品だと思いますよ。

サンタの目が何気にちょっと怖かったり、
ただ綺麗なだけの絵本ではありません。

ちょっと難点なのが
ページとページがくっついていたりして仕掛けが思うように動かなかったり
ページをたたむ際に、仕掛けが折れてしまったりという、
繊細な作りであるがゆえに起こるマイナス面があるということ。

取り扱いに少しだけご注意を。


スポンサーサイト

しかけ絵本飛び出す絵本の歴史

飛び出す絵本しかけ絵本の創成期は13世紀
(14世紀とも言われています、どこを最古とするかは定かではないようです。)
から17世紀にかけて、そして18世紀後半から現在までです。

創成紀から17世紀にかけての飛び出す絵本しかけ絵本
(この表現はこの時代の書籍にはふさわしくないかもしれませんがご了承ください)
は、大人向けで楽しむものではなく学術用途でした。

主に天文学や医学、地理学で用いられ、視覚的な効果を与えるため、
あるいは複雑な計算が必要なものを簡略にする、などのために用いられてきました。

18世紀後半から、現在のような子ども向けの飛び出す絵本しかけ絵本の製作が始まります。



このように詳しく調べて説明してくれているサイトがあります。

どうぞ覗いてみて下さい。

飛び出す絵本しかけ絵本の歴史さんぽ

しかけ絵本を楽しんでください

いくら大画面で見ても、やっぱり実物の迫力にはかないませんよね。

しかけ絵本

ぜひ、手にとって1ページごとの感動を味わってみてください。

クリスマス&新作しかけ絵本

クリスマスが近づくと話題になるのがしかけ絵本。

美しく豪華な絵本が多いしかけ絵本は、
クリスマスを演出するアイテムとして、
また贈り物として最適です。
クリスマス新作しかけ絵本

クリスマスのまえのよる (しかけえほん)詳しくはこちらから

プロフィール

いー絵本や

Author:いー絵本や
いー絵本屋へようこそ!
皆さんが初めて出会ったしかけ絵本はどんなのでした?
私は多分少年誌の付録だったと思います。
鉄人28号とかマグマ大使が二つ折りになってて開くと
それがニョキッと起き上がってくるようなやつだったと
記憶してます。それから40年、世の中と一緒に絵本の世界も随分変わりましたね。どうぞゆっくり探していってください。
My Yahoo!に追加

最新人気商品 !

絵本と一緒に

子供ネット会議所

子どものインターネット(ケータイ、スマホ、ゲーム等)の利用について考える団体。福岡を中心に講演会など啓発活動を行っています。

最近の記事

お力添えのお願い

ブログランキングに参加してます

ブログランキング
ランキング

seo

ブログを書いたら必ず、PING送信♪SEO対策しよう。↓↓↓




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。