スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籐の乳母車

籐で編んだ乳母車をゆっくりと押して歩く

日傘を差したお母さん。

乳母車に乗っているのは栗色の髪の赤ちゃんと

ちっちゃな手に握り締められた布絵本。

覗き込むお母さんの横顔がすごく幸せそうで・・・

自分が笑顔になってしまう

そんな一瞬でした。

プスプスという名前の乳母車らしいですが

こういうの今でも作ってるんですね

孫が出来たら頑張って買ってやろうかな。
スポンサーサイト

ナイト・ビフォー・クリスマス

真っ白な画用紙をメインに緑や赤の画用紙と組み合わせて
クリスマスの風景を描いた飛び出す絵本です。

繊細な切り絵とそれが何層にもなって飛び出してくる
ダイナミックさは立派な芸術作品だと思いますよ。

サンタの目が何気にちょっと怖かったり、
ただ綺麗なだけの絵本ではありません。

ちょっと難点なのが
ページとページがくっついていたりして仕掛けが思うように動かなかったり
ページをたたむ際に、仕掛けが折れてしまったりという、
繊細な作りであるがゆえに起こるマイナス面があるということ。

取り扱いに少しだけご注意を。


ロンパーズ、手作り布絵本キット

手作り 布絵本 キット【日本製】“手作り 布絵本 キット”わくわくポシェット

やっぱり作るのは面倒・・・
もちろんですが、そう思ってたら何もできませんよね。お料理だってお掃除だってお洗濯だって、楽しみながらやるのが一番!
お母さんが楽しんでいたら、きっとお子さんだって楽しくなりますよ♪

もっと自分流に・・・!
お手持ちの布を使ったり、部品の形を変えたり、追加したりしてもお楽しみいただけます。
そうしたら“世界でただ一つ、私の布絵本”の出来上がり!!!
でも、必要な部品は揃っていますから、これだけでもう完成! まずはともかく作ってみましょう


多少曲がったり、縫い直したりしても、大丈夫!それが貴方の“オリジナル”!

ばいきんまんとアンパンマン

ばいきんまん

おなじみアンパンマンの敵役です

アンパンマンに出てくるキャラクターの中では
一番好きです

といっても性格的なものではなく
デザインですが・・

色ですね、ボヂィの紫色

なぜかあの色に魅かれます
特にぬいぐるみの紫

どこか古い古い記憶にひっかかってくるんです
思い出そうとしても思い出せない・・

なので、そんなものはひとまづ措いといて

今日のご紹介は
アンパンマンのマグネット絵本です

厚手の紙にマグネットのピースをくっつけて遊びます
シールじゃないので何度でも遊べます

あまり強い磁力ではないので持ち運びのときは
ピースは別にして運んだほうがよさそう

ばいきんまんも勿論出演
アンパンマンマグネット絵本こちらからどうぞ

ふわふわ布絵本のロンパーズ

こんなサイトでも毎日誰かが立ち寄ってくれてます

そして、ありがたい事に

買い物をしていってくれてます。

本当にありがとうございます。


なかでも一番人気はロンパーズ

赤ちゃんのために、子供のために

何が何でもいい物を

安心できるものを選びたいという

大人の希なのでしょうか。


特集してみました


ふわふわ布絵本のロンパーズこちらからどうぞ

一般図書として教科書に採用された「Baby'sBook(おひさま)」

一般図書は教科書として特別支援学校(小・中学部)及び小・中学校の特別支援学級等で
直接、児童・生徒に給与されます。


お母さんから赤ちゃんへの初めてのプレゼントとして

ぜひ、布絵本をお選びください。

ロンパーズの布絵本はヨーロッパの安全基準[CE]に合格した

安心安全の優れものです。



あひるさんが小さな羽根をパタパタうごかしたり

ニコニコ笑ってるお花は

上下に動きます

わんちゃんや

みつばち君も登場しますよ

【手指のおけいこ布絵本シリーズ】どうぞ赤ちゃんに持たせてあげてください

大人の布絵本 幸せな王子

人魚姫と一緒に購入しました

幸せな王子 ルビーの瞳
ルビーの瞳を持つ王子
細かい布の使い方に驚かされます



幸せな王子 雪
日に日に寒くなる
ビーズの雪がキラキラ



幸せな王子 割れた心臓
ぴしっという音とともに
真っ二つに割れた王子の心臓

心臓にちりばめられたビーズの煌めきは

王子の心の美しさ

幸せな王子、こちらから購入できます

大人の布絵本 人魚姫

布絵本というと
小さな子供が目を輝かせて遊んでる


そんなイメージもありますが


この布絵本

大人向けです

私もいい歳ですが目を輝かせてしまいました

先日も紹介させていただきましたが

ほんとにきれいで驚かされる本ですので

もう一度紹介させていただきます

ほんのちょっとですが

見つめる人魚姫
15才になった人魚姫が、生まれて初めて波間に顔を出す





人魚姫 心を貫く鋭い痛み
柔らかい足にナイフで刺されるような鋭い痛みが・・・


私の拙い文章力では

この本の美しさを表現することができません

是非手にとってご覧下さい

あなたの目も

輝きます!

人魚姫、こちらから購入できます

しかけ絵本飛び出す絵本の歴史

飛び出す絵本しかけ絵本の創成期は13世紀
(14世紀とも言われています、どこを最古とするかは定かではないようです。)
から17世紀にかけて、そして18世紀後半から現在までです。

創成紀から17世紀にかけての飛び出す絵本しかけ絵本
(この表現はこの時代の書籍にはふさわしくないかもしれませんがご了承ください)
は、大人向けで楽しむものではなく学術用途でした。

主に天文学や医学、地理学で用いられ、視覚的な効果を与えるため、
あるいは複雑な計算が必要なものを簡略にする、などのために用いられてきました。

18世紀後半から、現在のような子ども向けの飛び出す絵本しかけ絵本の製作が始まります。



このように詳しく調べて説明してくれているサイトがあります。

どうぞ覗いてみて下さい。

飛び出す絵本しかけ絵本の歴史さんぽ

在庫僅か、布絵本「人魚姫」と「幸せな王子」

うつくしい。
とても、うつくしい本です。
幾重にも重ねられた多彩な布の濃淡と、
一針一針丁寧に縫い込まれた糸とが織りなす
優しくやわらかな感触。
光り輝くビーズやスパンコールのもたらす
一瞬のきらめき。
息をのむほどの美しさをもった
清川あさみによるテキスタイル作品は、
碧い海の情景とともに、
人魚姫と王子の心のふるえをも繊細に表現しています。

海底での舞踏会から、
不気味な魔女の森へと移るシーンは見どころです。
人魚姫、詳しくはこちらから


幸せな王子
オスカー・ワイルドの有名な物語です。
ツバメが像になった王子の願いを叶えるために、
王子の眼に輝いているルビー、
それから貧しい者たちに自分の肌である金箔をツバメに託して渡してあげて…
そのうち冬が訪れて、王子の心臓は鉛になり、
ツバメは王子にキスをしてついに亡骸になっていく。

時代を超えて読み継がれる、オスカー・ワイルドの童話『The Happy Prince』(1888年作)が、
溢れる才能で幅広い活躍を見せるアーティスト・清川あさみのテキスタイルにより、
新たな絵本となって生まれ変わりました。

布やレース、糸やビーズなどが緻密に縫い込まれた煌めく世界で、
物語りからすくい上げた20ものシーンを表現しています。
幸せな王子、詳しくはこちらから

プロフィール

いー絵本や

Author:いー絵本や
いー絵本屋へようこそ!
皆さんが初めて出会ったしかけ絵本はどんなのでした?
私は多分少年誌の付録だったと思います。
鉄人28号とかマグマ大使が二つ折りになってて開くと
それがニョキッと起き上がってくるようなやつだったと
記憶してます。それから40年、世の中と一緒に絵本の世界も随分変わりましたね。どうぞゆっくり探していってください。
My Yahoo!に追加

最新人気商品 !

絵本と一緒に

子供ネット会議所

子どものインターネット(ケータイ、スマホ、ゲーム等)の利用について考える団体。福岡を中心に講演会など啓発活動を行っています。

最近の記事

お力添えのお願い

ブログランキングに参加してます

ブログランキング
ランキング

seo

ブログを書いたら必ず、PING送信♪SEO対策しよう。↓↓↓




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。